プロダクションハイタッチ オーディション ハイタッチについて 会社概要 活動実績 プロモーション 出演依頼 よくある質問
芸能界を目指している方へノウハウ2
芸能界を目指している方へ
芸能界についていの知識
プロダクションへの応募方法
演技の練習はヒトリでできる?
言葉づかいについて
応募写真について
どこまで自分をアピールすればいいのか
応募書類の書き方
直すべきところを知ったとき
プロダクションのオーディションについて
仕事のながれについて

■1章 プロダクションへの応募方法

このプロダクションに所属してみたい! と思ったアナタ。
次にするのはプロダクションへの応募です。
応募の仕方についてはプロダクションごとに違いますね。

・プロダクションサイト
プロダクションで運営しているサイトを通じて応募する場合は、どんな事務所であるかを理解した上で応募できると思います。
せっかく気に入ったプロダクションなら、直接応募したいものですね。
しかしプロダクションによってはサイトから応募できない場合もあるので、以下の方法も探してみましょう。

・雑誌
オーディション雑誌でよくあるのが、応募用紙に記入して、
顔写真・全身写真を撮って同封する方法。
返信用の切手を同封するオーディションもあります。

・オーディションサイト
オーディションサイトでは、サイト独自の方法で応募するところがあります。
その中でひとつのパターンを説明します。
まずオーディションサイトに応募者が登録をします。
いろんなプロダクションがオーディション情報を出しているので、いろいろ見て選びます。
気になるところがある場合、オーディションサイトから気軽に応募ができます。
・いい点。
オーディションサイトに登録をすると、いろんなプロダクションのオーディションに応募することが可能となることです。
・よくない点。
プロダクション側から見た場合、応募者はいろんなプロダクションに応募していると想定し、あまり力を入れないということです。

・音楽の場合
直接デモテープを送ったりする場合もありますが、大まかに以上のやり方があります。

オーディションへの応募方法はコチラ

■2章 演技の練習はヒトリでできる?

演技力を上げるためにアナタは何をするでしょうか。

大きな鏡をみて、その前で演じてみますか?

ヒトリで練習することも可能ですが、ヒトリでやってもそれを評価するのは自分自身。

どう改善すればいいか?
というものは自分の創造する、はんちゅうを超えることはできないのです。

やはりどこかでレッスンを受けるのが一番です。

しかしレッスンを受けるには費用が掛かりますね。

せっかく費用を掛けたら元を取り返してやる!
っていう気持ちで頑張れば能力は向上すると思います。

現場で気に入ってもらえて、いろいろな仕事を携わらせてもらうことによって、
能力が向上することもあるかと思います。

一生懸命自問自答してどうするか決めましょう。

■3章 言葉づかいについて

みなさん言葉遣いについてどのようにお考えですか。

オーディションなどをしていると多少感じることがあります。

当プロダクションでは、1次書類選考合格者には電話にて連絡をしています。

メールか郵送の場合、その方の人間性を感じることが難しいからです。

もし、他プロダクションに応募される際も、言葉の遣い方には気をつけたほうが無難でしょう。

最近多い方は、インターネット応募で小さい「ゎ」など小文字を使ったり、顔文字を挿入してくることです。

「えっと」、「うん」、「○○っす」など話していると最近目立ちます。

人間性に問題がなければ、間違えてしまうのは仕方ないと考えます。

親しみを込めて話していることもあるでしょうから。

当プロダクション、仕事のオーディションや現場などで恥ずかしい思いをして欲しくないため、一般的な言葉遣いをするようにしてます。

そんなことで仕事の機会が減ってしまうのは悔しいですからね。

ただし、このメルマガを読んでいる方は出来るだけチャンスを掴んで欲しいので、一般的な言葉遣いを心がけたほうがいいでしょう。

■4章 応募用写真について

皆さんプロダクションに応募する場合、写真を撮りますよね?
写真にも撮りかたがあります。
出来るだけシンプルにし、あまり背景は目立たないようにしたほうが効果的です。
応募者本人を見てもらうため、本人が目立つようにしましょう。
プリクラの画像を応募用に使う方がいますが、避けたほうがいいです。
実際の表情が分かりにくいのと、背景がごちゃごちゃしているためです。
同じように携帯電話で撮った画像を使う場合も、
いろんな背景を気にしがちですが、
シンプルにしたほうが相手にとっても見やすいです。
極端な話、白い壁や部屋の壁紙くらいが分かりやすくてよいと思います。
写すときの気持ちとしては、ご挨拶をするような気持ちで、
カメラに目線を向けるとよいでしょう。
きっとその気持ちが審査担当者に伝わります。

オーディションへの応募方法はコチラ

■5章 時間について

オーディションや現場に向かう際、現場に行く際は
どのくらいを目安に向かえば良いでしょうか。
通常アルバイトなどでは5 分前くらいに行けばいいですよね。
遅れた場合、電車が遅れてしまいました、と言えば済むことと思います。
しかし芸能のお仕事の場合、それではなかなか通用しません。
周りのスタッフさんにご迷惑をかけるのはどの仕事も変わりませんが、
せっかくオーディションで受かっても、そんな遅刻するような人は
「次回からは結構です・・」
といわれるのが関の山です。
せっかく苦労しても、そんなことで
せっかく掴んだチャンスを無駄にはしたくありませんね。
電車などは遅れて当たり前!
ちょっと前に到着するのに乗ったら超不安。と考え直すようにしましょう。
無理して早く電車に乗ろう!っていう気持ちが少しでも減ると思います。
本来仕事は遅れないように行くものなのです。
電車など公共交通機関が遅れていても、
ちょっと遅延したくらいで遅刻してはならないはず。
その電車を選んでいたのはアナタ。
もっと早いのを選んでいれば遅刻することはないかもしれません。
最善の方法を考え行動するようにしましょう。
電車から現場までの道のり、道に迷うこともあるかもしれません。
30 分前くらいには着くように行動しておきましょう。
うちの営業でも待ち合わせがある場合、
時間より前に現地に到着し、喫茶店などで時間をつぶしてます。
始めの頃は頑張っているつもりでおこなっていても、
次第にそれが習慣になります。

●芸能界について
プロダクションはタレントさんを売り込みや管理するところというのはご存知かと思います。みなさん、芸能界には興味があって、自分自身もその道にすすみたい。
ただどうすれば良いのか? どうすれば自分自身満足のいく活動が出来るのか?どのプロダクションに入れば良いのか? など悩みや不安はあるかと思います。
そんなアナタのために、芸能に関する情報をお送りします。
必ず何らかの役には立つと思いますので登録お願いします。
当然無料ですのでご安心ください。

 

>>バックナンバー    読者登録規約    Powerd by まぐまぐ!


オーディションへの応募方法はコチラ